>

多種多様なサプリメント

サプリの成分を気にする人はいるのか

サプリは医薬品ではありませんが、その形状は薬そのものです。

私たちは医者から処方される薬や薬局で買う市販薬についても、何の病気に効く薬かは重要ししますが、その成分については考えたこともありません。もっとも、薬については考えても仕方がないところもあるでしょうが。

また、食品についても昨今は国産にこだわる人や、無農薬にこだわる人なども多いでしょう。高血圧だといわれれば、いの一番に塩分を控えることと思います。
このようなことを考えると、私たちのサプリに対する扱いは健康食品と言いながら薬と同じ扱いであると言えます。

今サプリを購入するにも、成分を知る必要はありません。高血圧に効く。腰、肩の痛みに効く。肌荒れに効く。自分が体のどの部分を治したいかがわかれば、それに応じたサプリがいくらでもお勧めされてきます。

危険なサプリの飲み方とは

危険なサプリの飲み方といえば、すぐに思いつくのは一度に大量に飲むことではないでしょうか。
でもそれも、サプリは飲み方によっては体に悪影響を及ぼすという事実をしらないからに他なりません。

薬のように体を改善してくれるけれど、薬ではないから飲み方に注意する必要はない。
これが一般的なサプリのイメージではないでしょうか。

サプリは健康食品です。食品を摂るときに摂りすぎとか、組み合わせを注意する人はいないと思います。
もちろん昔から「食べ合わせが悪い食べ物」はありますが、仮に一緒に食べたとしてもちょっとお腹が痛くなるくらいで、それが原因で体調を悪くすることはないでしょう。
薬ではないけれど体質や体調の改善が期待できる。
そしてスーパーやコンビニでも気軽に買える。サプリはまさに理想の健康食品だと思います。
だからこそ、利用する私たちはその危険性も知り正しく利用する必要があるのではないでしょうか。


この記事をシェアする